株式会社Nal 女性の笑顔を応援します。いつからでも何度でも輝く人生のために

「ハロードリーム」が朝日新聞に掲載されました


f:id:choco-ave:20081110174913j:image

 

2008年11月30日付け、朝日新聞朝刊全国版に掲載。

ハロードリームの理念や活動を告知しています。

以下、この広告につい弊社代表小巻からのご案内です。


◆なぜ新聞広告で告知?

こういう活動は目に見えない『想い』を広げていくものなので

できるだけ多くの方に、ハロードリームで描いている理想の世界観をお伝えすることが

活動の大きな柱と考えました。

64億人の笑顔のためには、情報を波のように伝えることが必要です。

新聞などのメディアやインターネットによって、

今の時代だからこそできるスピーディな情報発信を通して、

夢や笑顔、そして憲章に掲げた「なかよく」の理念を、

情報の波に乗せることを初年度の活動の一つとして計画したのです。

新聞掲載にあたっては、企業とのかけはしが必要でした。

「協賛」という形で応援していただくことをお願いに企業訪問を重ねてきました。

ご存知のとおり、今はどの業界も大変厳しい時代ですから、

協賛いただくことは簡単ではありません。

訪問先の企業様に何度もお時間をいただき、

ハロードリームの話を聴いていただいたり、

その企業様のCSR活動について説明を受ける、

といったお付き合いを重ねるうちに、

結果的には、今回ご協賛いただけなかった企業様とも、

ふんわり架け橋がかかったように思います。

これはとてもありがたい素敵な経験となりました。

そして大変な市場状況の中、協賛金支援としてご協力くださった企業様には

あらためまして感謝でいっぱいです。

こどもたちの未来を、そして私達みんなの笑顔を応援してくださって

本当にどうもありがとうございました。


このように、新聞掲載ということを通して、目に見える紙面のみならず、

ここまでのプロセスにおいて、ハロードリーム流の様々な種まきが

できたのではないかな、と思っています。



◆なぜキティちゃん?

いうまでもなく、このプロジェクトを応援してくれている仲間であること

そして笑顔、といえばキティちゃんでした。

対談の企画は新聞社様からのアイデアでしたが、

対談相手についてはずいぶん、紆余曲折がありました。

私からの希望は、

  理念をご理解いただける方

  国際的な視野をお持ちの方

  文化・教育に通じている方

  できれば笑顔の素敵な方

・・・これはなかなかの難問で、難航しました。

そんな中、

「ぴったりの人(?)がいる!」 

と、キティちゃんとの対談というアイデアを提案してくださったのは

実行委員会理事の本間正人先生でした。

これには一同びっくり!でしたが

だんだん、他にこれ以上ふさわしい相手はいない、ということになりました。

今後、一つの目標であるキャラクターズサミットにむけて

キティちゃんと夢や笑顔の大切さを語り合えてとってもよかったと思います。

終始かわいかったキティちゃんの隣で、私も至福のときを過ごしました。


これをきっかけに 全国への活動も活発になります。

お近くで開催のイベントにご参加いただけましたら嬉しいです!


イベントの予定などはハロードリームのHPをご覧ください。

そしてハロードリーム通信【メルマガ】会員登録していただくと

毎月の予定をお知らせしたり、笑顔のニュースが配信されます。

投稿日 2008年11月30日

小巻がキティちゃんと対談(朝日新聞掲載予定)

f:id:choco-ave:20081110172528j:image:w400

ハロードリームの活動を朝日新聞で掲載することになりました。

その記事の一部として、なんとハローキティとの対談が実現!

キティちゃんが代表の小巻にインタビューをしてくれました。

掲載は11月30日の予定です。どうぞ、お楽しみに。

 

f:id:choco-ave:20081110172540j:image:w400


f:id:choco-ave:20081110173819j:image:w400

 

f:id:choco-ave:20081110174913j:image:w400


f:id:choco-ave:20081110174934j:image:w400

投稿日 2008年11月19日

ラジオ番組に出演

弊社代表の小巻が、インターネット上の"ラジオ"番組『オン・ゴーイングパティオ』の

コーチングでポジティブライフに出演しました。

http://www.on-going.com/dejio/dejio_87.html

 

テーマは【人生はいつからでも何度でも輝ける】

 

小巻が、ハロードリームへの熱い想いを語っております。

是非、お時間があるときにお聴き下さい。

 

投稿日 2008年11月11日